人と人がつながる、コミュティ・スペースが東金駅西口界隈に続々

東金駅西口側は、集まる場所が少ない。そんな話を耳にしたが、よく調べてみると実はある。カフェ、貸し室、談話室、会議室、目的も使い方もいろいろ。

①    「街カフェさくら」

旧道千葉銀行跡に設置された「認知症カフェ」(本誌表面の記事参照)。様々なミニコンサートやセミナーなどの催しを企画しながら1回だけオープンする。街カフェには医療ソーシャルワーカーや介護福祉士、介護支援専門員などが待機していて、介護のお困りごとなど相談することもできる。

参加費100円(1ドリンク)で誰でも立ち寄ることが出来る。

写真は12月に開催した街カフェのようす

 

【問合せ】ゆりの木会内認知症カフェ担当 0475-50-8111


②    喫茶サントス跡

多田屋本店の盛業時に人気だった喫茶店「サントス」。かつては煙草専売所だった建物は石造りの近代建築で国の有形文化財に登録されている。2015年より商店街などの有志でこれを再生し、利用し始めた。建物は隣接する土蔵と中で繋がっていて、9月には城西国際大学のボランティアサークルのメンバーが留学生の歓迎パーティを開催、11月にはJR東日本の「駅からハイキング」では休憩所の役割を果たした。

※1階には商店街の懐かしい写真や看板などが展示されている。

【見学・利用に関するお問合せ】

 

文化財保存活用計画(株) 0475-71-3888


③ ハンドワークありさ

東金駅前の通りを突き当たった場所にある就労支援施設。「ありさ」は利用者の方が雑貨を作って販売したり、喫茶などの接客のトレーニングをする場所。「かばの家」というパン製造をしている施設の商品も並んでいる。中に入ると手作り品の棚ショップが並んでいて、利用者だけでなく一般の人の作品も展示販売されている。2階にはカフェスペース(会議室的?)があって、1ドリンクの利用料を払って使用することが出来て、ボランティア等のミーティングなどに活用できる。また、着物リフォームの教室などに使われており、作品が1階のスペースに展示されている。

 

【利用に関するお問合せ】0475-50-0362貸し室として利用する場合は必ず問合せが必要)


④ 新産業交流プラザUBOX

千葉興業銀行の跡に常設されている、旧道コミュニティースペースの先駆。小規模インキュベーション機能を併設しており、地域で起業を検討している人などには心強い。棚ショップが非常に充実していて、利用者も多い。UBOXルーム、多目的スタジオ(1時間2,000円~)といった、セミナーや会議などで活用できる貸し室もある。

http://www.ubox.jp/

【問合せ】0475-53-1291 11:0018:00 


⑤    雑貨&カフェ「ルバーブ」

八鶴湖にほど近い喫茶店。フェアトレードの雑貨をはじめ作家が手作りした一点ものの服・アクセサリーなど手作りにこだわった可愛いものを揃えている。季節のパフェやケーキ、ネパール風チキンカレー(写真)などが人気。月替わりで絵画・写真・陶器などの展示を行うギャラリーコーナーなどもある。不定期で多彩なイベントも実施している。

【問合せ】0475-53-2323 11:0019:00